【保存版】おすすめアウトドア・キャンプ料理30選!

おすすめのアウトドア・キャンプ料理を30種類、目的別にご紹介します! 作るのも簡単で調理器具も少なくてOK、材料もスーパーで買えるようなお手軽なレシピを集めているので、アウトドア初心者の方や新しいレシピに挑戦したい方はもちろん、お料理やキャンプが好きな方も是非見ていってくださいね!

  • おすすめアウトドア・キャンプ料理30選!

  • 今回は、みなさんにおすすめのアウトドア・キャンプ料理を30種類、目的別にご紹介したいと思います!
    作るのも簡単で調理器具も少なくてOK、材料もスーパーで買えるようなお手軽なレシピを集めているので、アウトドア初心者の方や新しいレシピに挑戦したい方はもちろん、お料理やキャンプが好きな方も是非見ていってくださいね!
    ページの下部では調理器具についても説明しているので、興味のある方はもくじからどうぞ!

  • キャンプって楽しいの?

  • キャンプは意外と身近で楽しい!

  • みなさんはキャンプをしたことがありますか?
    キャンプに興味があるけどなんだか敷居が高い…と感じている方も多いかもしれません。しかし、以外にもキャンプはとっても簡単にできるんです!キャンプには、自然の中にいるという非現実感、都会ではなかなか味わえない静かな雰囲気、素晴らしい景色、安く宿泊できる点…などなど、たくさんの魅力があります!ピンとこない方も多いかもしれませんが、一度キャンプに行ってみればきっとその魅力がわかると思います!

  • 自分だけのアイテムでキャンプを演出しよう!

  • キャンプの醍醐味の一つは、自分だけのアウトドア用品セットでキャンプを楽しめるという点です。
    テント、調理用具、たき火台、寝袋など、キャンプ用品は本当にたくさんの種類があります。自分が選んだアイテムを使って、キャンプ場という屋外で一晩楽しく過ごす…なんだかゲームの中の世界のようで面白いですよ。

  • 仲間とキャンプで盛り上がろう!

  • 多人数でのキャンプは本当に楽しいもの。
    みんなで料理をしたり、テントを建てたり、遅くまでたき火を囲んで話し合ったりするので、一回一緒にキャンプをするだけでもかなり相手と仲良くなることができます。家族や恋人同士でキャンプをするのもいいですし、もちろんお友達みんなでキャンプするのも楽しいですよ!

  • ソロキャンプで上質な時間を

  • 一番魅力が伝わりにくいのがこのソロキャンプ!
    一人でキャンプなんて寂しくないの?何が楽しいの?と思われる方も少なくないでしょう。しかしこのソロキャンプ、頻繁にやっている方は結構多いんです。中でもバイクに乗っている方に多いソロキャンパー。長旅の途中でキャンプしている方もいれば、雰囲気に浸りたいからキャンプをしている方もいれば、キャンプ料理がしたいからキャンプをしている方までいます。キャンプにはそれだけ惹かれるポイントがあるんですね!

  • 定番キャンプ料理10選!

  • キャンプの魅力が伝わったところで、皆さんお待ちかねのキャンプ料理レシピをご紹介します!
    まずは初心者から上級者まで、全ての方におすすめしたい定番レシピ集です!キャンプ飯に困ったらまずここを見てみてください。

  • 1,簡単ピザ

  • 【材料】(1枚分)
    市販 ビザ生地(2枚入など):1枚
    市販 ビザソース:大さじ1.5
    モッツァレラチーズ(さいの目切り):厚切り2枚
    さけるチーズ:1/2本
    トマト(さいの目切り)中:2個
    とろけるチーズ:1/4カップ
    ベーコン:2枚

    cookpad
  • モッツァレラチーズを薄く切り、はじの2枚をさいの目切りにする。トマトも同様。ベーコンを軽く炙る。
    フライパンにサラダ油(分量外)をしいて、市販のピザ生地を両面軽く焼く。フライパンから一旦取り出して、ピザソースを塗る。
    ベーコンを敷いてから、モッツァレラチーズ、さけるチーズ、トマト、とろけるチーズをバランスよくちらす。再び、フライパンに入れて蓋をして弱めの中火で焼き上げる。チーズがとろけたら出来上がり。

  • 2,炊き込みごはん

  • 【材料】(2~3人分)
    米:2合
    酒大さじ1
    しょうゆ:小さじ1
    塩:少々
    生鮭の切り身:1切れ
    イクラ:100g
    昆布(3㎝×3㎝):1枚

    コールマン
  • 米は炊く30分前に洗ってザルに上げて水気をきる。鮭は1切れを2等分に切る。
    鍋にイクラ以外の材料と水(2合=360cc)を入れてふたをし、沸騰したら弱火にして12分ほど加熱する。10分ほど蒸らしたら鮭の切り身をほぐして全体を混ぜ、上にイクラをのせる。このレシピでは、「生鮭」を使っていますが、塩鮭を使う場合は、塩や醤油の分量を減らしてくださいね。

  • 3,簡単ペペロンチーノ

  • 【材料】(1人分)
    パスタ:100g
    パスタソース(ペペロンチーノ):1人前
    水:300cc
    ☆キャベツ:100g
    ☆ドライトマト:3個
    ☆塩:ひとつまみ

    ペコリ
  • ☆の付いた食材は前日にしたごしらえする。一口大にキャベツ・ドライトマトを切りジップロックなどのビニール袋に入れ塩もみし、空気を抜き口を閉じて荷物の中へ。
    フライパンもしくはクッカーにパスタ(半分に折る)・水・ソース・☆の具材、全てを入れ蓋を閉めストーブやガスバーナーを点火する。沸騰するまで強火にし沸騰したら水分が無くなるまで中火から弱火に調節、水分を飛ばす際は焦げ付かないよう蓋を開けよく確認しましょう。水分が飛んだら完成です!

  • 4,簡単カレーうどん

  • 【材料】(1人分)
    うどん:1玉(茹でてあるタイプのもの)
    レトルトカレー:1人前
    めんつゆ:100cc
    水:100cc
    薬味:ネギ、七味、温泉たまご等

    Flickr
  • 底が深いクッカー、コッヘル等に水・めんつゆ・レトルトカレーを入れ、火を付けます。沸騰したらうどんを入れ煮込んだらもう完成です!好きな薬味をトッピングして盛り付け、いただきましょう!とっても簡単にできるおすすめレシピです。

  • 5,簡単親子丼

  • 【材料】(2人分)
    やきとりの缶詰:1缶
    米:アルファ米2袋
    玉ねぎ:1/2個
    三つ葉:1束
    卵:2個
    どんぶりの素:1パック(なければめんつゆと水を割った出汁160ccほどで代用)
    水:160cc(アルファ米の水やお湯も忘れずに用意しておきましょう)
    山椒:仕上げにお好みで

    Flickr
  • あらかじめ、アルファ米を水もしくはお湯に入れて準備しておきます。次に鍋に水と玉ねぎを入れて煮ます。玉ねぎが煮立ったら缶詰をタレごといれ、どんぶりの素をいれます(どんぶりの素が無い場合は水の代わりにめんつゆで玉ねぎを煮ればOKです)。玉ねぎが柔らかくなったら溶き卵を流し込みます。蓋をし煮立ったら火を止め余熱で仕上げます。
    ご飯の上に乗せ、三つ葉と山椒を好きなだけトッピングして食べましょう!

  • 6.おにぎり雑炊

  • 【材料】(1人分)
    好きな具のおにぎり:1個
    鍋の素:キューブタイプのもの1個
    水:200cc
    卵:1個
    薬味:青ネギ・生姜等

    山ガール
  • 鍋の素で出汁を取る手間を省いた、簡単にできるおにぎり雑炊です。鍋の素、水をクッカーやコッヘル等に入れて加熱し、煮立ったら卵を入れてかき回しましょう。おにぎりをいれ(おにぎりは煮立つ前でも後でも自分の好みのタイミングでOKです)薬味をいれ、器に盛レバ完成です!おにぎりはもちろん、スーパーやコンビニで売られているものでも大丈夫ですよ!

  • 7,捨て汁なしチーズリゾット

  • 【材料】(2人分)
    冷やご飯:350g
    ベーコン:100g
    玉ねぎ:1/2個
    にんにくのみじん切り:1片
    チーズ(ピザ用):50g
    コンソメキューブ:2個
    水:200ml

    cookpad
  • まずはキャンプへ行く前に下ごしらえをします。①玉ねぎとにんにくをみじん切りし、器に入れ軽くラップをしてレンジで1分30秒加熱する。②塊のベーコンを1cm角に切り、表面がカリカリになるまで炒める。①と②が冷めたらジップロックに入れましょう。
    小鍋に下準備したベーコン、玉ねぎ、にんにくを入れ、火にかける。鍋があったまってきたら軽く炒め、水を加えます。煮立ったらご飯を加えてほぐし、コンソメを加え、再度煮立ったらチーズを加えてよく混ぜれば完成です!下ごしらえが必要ですが、とっても早く簡単においしいリゾットを食べることができます。使う食器が少ないのも嬉しいポイント。

  • 8,簡単チャーハン

  • 【材料】(2人分)
    鍋の素:2個
    ご飯:400g
    レタス:3枚
    長ネギ:15cm
    鶏ひき肉:100g
    卵:2個
    サラダ油:大さじ2

    Flickr
  • レタス1口大、長ネギをみじん切りにします。固形鍋の素は砕いておきましょう。
    フライパンに油大さじ1を入れてひき肉を炒め、火が通ったら器に取り出します。フライパンに大さじ1の油をいれ、溶いた卵を流しいれご飯を加えて混ぜ、パラパラになるまで炒めます。取り出したひき肉をいれ、鍋の素を加え炒め最後にレタスを入れて軽く炒めれば完成!

  • 9,ブイヤベース

  • 【材料】(4人分)
    白身魚:4切れ 
    海老:12尾
    アサリ:15~20個
    トマト:2個
    玉ねぎ:1個
    にんじん:1本
    にんにく:3片
    オリーブ油:適量
    白ワイン:100cc
    水:800cc
    固形ブイヨン:2個
    塩、こしょう:適量
    サフラン:適量
    ローリエ:3~4枚
    タイム:2本

    レシピブログ
  • 鍋にオリーブオイルを入れ、にんにくと玉ねぎを炒めます。
    香りが出たらにんじんとトマトとアサリを加え、白ワイン・水・固形ブイヨン・サフランを入れます。少し混ぜたら、白身魚・海老・ローリエ・タイムを入れ蓋をして中火~弱火で煮込みましょう。最後に塩・こしょうで味を調え、更に中火で煮込んで完成です。

  • 10,カルボナーラうどん

  • 【材料】(2人分)
    うどん(ゆで麺):2玉
    ベーコン:2枚
    粗挽き黒こしょう:少々
    細ねぎ(小口切り):2本分
    ☆卵:2個
    ☆粉チーズ:大さじ2
    ☆マヨネーズ:大さじ2
    ☆めんつゆ:小さじ2

    コールマン
  • ボウルに☆の材料を入れてよく混ぜます。
    幅1㎝の細切りにしたベーコンをうどんと一緒に湯がいて水気をきり、混ぜ合わせた☆の材料とからめます。器に盛り、細ねぎを散らし粗挽き黒こしょうをふったら完成です!麺を湯がいたら水気をきり、すぐにソースをからめるのが美味しく作るポイントです。

  • おかずにぴったりなキャンプ料理8選!

  • 1,あさりのバター酒蒸し

  • 【材料】(2人分)
    あさり:約20個
    料理酒:大さじ6
    バター:小さじ2
    アルミホイル:適量

    cookpad
  • あさりの砂抜きし、スキレットにあさりを入れて、料理酒を入れる。
    スキレット1つにあさりを10個、料理酒大さじ3を入れた後、アルミホイルで、スキレットに蓋をする(軽く被せればOK)。蓋をしたら、コンロで火にかける。中火くらい。もちろん炭火でも直火でも可!貝が開く音がしたら、アルミを開けて全部の貝が開いたか確認する。開いたら、バターを入れる。スキレット1つにバター小さじ1を入れたら完成です。

  • 2,トマトとチーズのホイル焼き

  • 【材料】(1人分)
    トマト:1個
    クレイジーソルト:少々
    とろけるチーズ:適量
    アルミホイル

    Find Travel
  • トマトのヘタを包丁でくりぬき、頭部分に十字に切り込みを軽く入れる。アルミホイルの中央に、トマトのくぼみを上にして置き、クレイジーソルトを軽く振りかけ、とろけるチーズをくぼみにのせる。
    アルミホイルの口をしめた後、網の上においてホイル焼き に。トマトが柔らかくなってチーズが溶けていたら出来上がりです。

  • 3,簡単ケランチム

  • 【材料】(2人分)
    卵:2個
    ぬるま湯:180cc
    昆布だし:60g
    チューブニンニク:小さじ1
    胡麻油:少々
    ネギ:少々

    cookpad
  • 卵2個とチューブニンニク をボールでよく溶かし、別のボールでダシをぬるま湯で溶かします。お釜の内側に胡麻油をしき、混ぜた卵とダシをお釜に入れてから中火にかけます。お箸で卵汁がフツフツとしてくるまでぐるぐるとかきまわします(5分〜10分)
    火が通り始めると茶碗蒸しの色に変わってきますのでネギを小口にハサミでチャキチャキと卵汁にのせたら出来上がりです!

  • 4,チーズ詰めマッシュルーム

  • 【材料】(4人分)
    マッシュルーム(大):8個
    クリームチーズ(フィラデルフィア):小さじ8
    ベーコンスライス:8枚
    つまようじ:8本

    cookpad
  • マッシュルームの足をとり、中にクリームチーズをたっぷり詰めます。
    マッシュルームをベーコンと一緒にクルクルと巻き、ずれないようにつまようじを通して固定します。じっくり炭火で焼いて完成です!簡単にできるおつまみなので、キャンプの時もバーベキューの時にも頼れるレシピですね♪

  • 5,牛モモ肉のビール煮

  • 【材料】(4人分)
    牛もも肉:500g
    玉ねぎ:1個
    コンソメキューブ:2個
    塩、胡椒、小麦粉:適量
    ビール:300ccくらい
    お好みの野菜

    コールマン
  • 玉ねぎはなるべく薄切りにして、狐色になるまでオリーブオイルでいためます。取り出したら小麦粉をはたいた牛肉をいれ軽く焼き色をつけて。すべてを投入したら、最後はビールが材料に浸るまで!ゆっくり煮込むとやわらかお肉の出来上がりです。お好みの野菜も一緒に煮ると味に深みが出て美味しさが増します。

  • 6,ラタトゥイユ

  • 【材料】(2~3人分)
    ズッキーニ:1本
    玉ねぎ:1個
    パプリカ(赤黄):1個
    マッシュルーム:1パック
    にんにく:1片
    トマト缶:1個(400g)
    オリーブオイル:大さじ1
    コンソメ(粉末):大さじ1~2
    塩コショウ:少々

    cookpad
  • ズッキーニは程よい厚さの輪切りに、パプリカと玉ねぎは2cmくらいの角切り、マッシュルームは半分に切ります。
    熱した鍋にオリーブオイルを入れ、みじん切りにしたにんにくを炒めて香りをだし、玉ねぎ、ズッキーニ、パプリカ、マッシュルームの順に炒めていき、塩コショウをします。全体に火が通ったら、トマト缶とコンソメを入れて混ぜながら、ひと煮たちさせます。味が濃い場合は、お水を少しずつ調整しながら足してもOK。全体の水分がなくなってきたら、出来上がりです!

  • 7,簡単ポトフ

  • 【材料】(2人分)
    お好きな野菜:ざく切りでたくさん入れましょう
    ソーセージ:2~4本
    コンソメ:1個(固形の物)
    粒マスタード、黒こしょう:お好みの量
    水:400cc

    Flickr
  • 鍋に水をいれ沸騰するまで待ちます。コンソメを良く溶かします。好きな野菜をいれ火が通るまで煮立たせます。野菜に火が通ったらソーセージをいれ5分程煮立ったら完成です。盛り付けてマスタードや黒こしょうをトッピングしてお召し上がりください!
    ポトフに入れる野菜は、じゃがいもやキャベツ、にんじんなどがおすすめです。根菜は体を温めてくれるので、寒い冬には特におすすめなメニューです!

  • 8,エビのレモンオイル焼き

  • 【材料】(3~4人分)
    エビ:15尾
    オリーブオイル:大さじ2
    酒:大さじ1
    にんにく:半片
    レモン汁:大さじ4
    塩:小さじ1
    コショウ:適量

    Find Travel
  • エビは軽く水で洗って、ざるで水を切り、包丁でエビの背中(殻の上)に切り込みを入れる。 無理であればハサミで切る、もしくは腹カットでも大丈夫。
    袋に、エビと調味料を混ぜ合わせて袋の口を閉じる。袋ごとよくもんでから1時間以上置く。 熱したフライパンに油をひかずに、袋からエビをそのまま出し入れる。中火で片面ずつ2分くらい焼く。 最後にバジルを入れて、さっと混ぜたら出来上がり♪

  • 朝食にぴったりなキャンプ料理7選!

  • 1,ホットドッグ

  • 【材料】(2人分)
    パン:2本
    ウインナー:2本
    キャベツ:1/2枚
    カレー粉:10〜15振り位
    マヨネーズ:少々
    ☆ケチャップ:大1
    ☆粒マスタード:小1
    刻みパセリ:好みで

    cookpad
  • キャベツを千切りし キッチンペーパーで軽く水分を取り、ビニール袋に入れたらカレー粉を振りかけ揉み混ぜる。
    パンとウインナーを軽くトーストし、☆の調味料を混ぜる。パンを開きマヨネーズを少し塗ったら、キャベツを乗せる。キャベツの横にウインナーを乗せ混ぜた☆の調味料をかけたら ウインナーを一回転させる(全体に絡める為。そのままでもOK)。最後に、刻みパセリを散らして完成です。

  • 2,チーズマッシュポテト

  • 【材料】(2人分)
    マッシュポテト(フレーク):1袋
    お湯:400ml
    切れてるチーズ(プレーン):2切れ
    きゅうり:1/3本
    すしのこ:200g
    塩こんぶ:適量

    cookpad
  • マッシュポテトのフレークをお湯で戻す。混ぜて均一にし、すしのこを入れ味を整える。
    細かくきざんだチーズときゅうりを入れ混ぜたら、塩こんぶをお好みでのせる。キャンプ飯には珍しいヘルシーなレシピです!食べ過ぎてしまった後や、キャンプ2日目の朝などに食べたいさっぱりメニューですね。

  • 3,フレンチトーストでホットサンドイッチ

  • 【材料】(1人分)
    食パン:2枚
    卵:1個
    牛乳:50cc
    ツナ:1/2缶
    塩コショウ:少々
    マヨネーズ:大さじ1
    チーズ:1.5枚
    コンビーフ:1/2缶
    バター:大さじ1

    cookpad
  • 卵と牛乳をボールに入れて泡立て器で良く混ぜ、パンを卵牛乳にまんべんなく浸す。片面にツナマヨ(油を切ったツナに塩コショウ、マヨネーズを混ぜる)片面にコンビーフをのせ、チーズものせ挟む。
    フライパンにバターを入れ、弱火にかけまんべんなく伸ばし、サンドイッチをフライパンに入れ、蓋をして弱火で焼く。こんがり焼き目が付いたら、びっくり返して、また蓋をして弱火で焼く。両面こんがり焼けたら、好きな大きさにカットして完成!

  • 4,ホットグラノーラ

  • 【材料】(1人分)
    牛乳:1カップ
    グラノーラ:1/2カップ
    バナナ:1本

    コールマン
  • 牛乳を沸騰しないよう気をつけながら温め、グラノーラをとろとろになるまで煮詰めます。最後に輪切りしたバナナをいれたら完成です!材料も少なく、鍋一つでお手軽にできる簡単なメニューです。眠くて朝ごはんを作る気力が…というときには特におすすめしたい一品。食べると体が温まるので寒い日にもぴったりですよ。

  • 5,焼きおにぎり

  • 【材料】(1人分)
    ご飯:200g
    めんつゆ(濃縮タイプ) :適量
    サラダ油か胡麻油:適量

    cookpad
  • ご飯でおにぎりをしっかりめに握り、ラップをしてしばらく放置します。
    熱が取れたらフライパンに油をひき、おにぎりの両面を軽く焼きます。めんつゆをスプーンで少しづつかけながら何度か両面焼きます。良い焦げ目がついたら出来上がり~♪キャンプの定番メニュー「焼きおにぎり」!ご飯が残ったときなどに特におすすめしたい簡単メニューです。

  • 6.ソーセージマフィン

  • 【材料】(2人分)
    生ソーセージ:2本
    イングリッシュマフィン:2つ
    玉ねぎ(輪切り):2枚
    トマト(スライス):2枚
    卵:2こ
    レタス:適量
    サラダ油:適量

    コールマン
  • 生ソーセージの袋をはがして中身を出し、丸めて形を整える。
    マフィンの側面にぐるりとフォークを刺して穴を開け、手で2つに割る。火をつけ、フライパンにサラダ油をなじませたらソーセージ、マフィン、野菜、卵を焼く。焼けたらマフィンにソーセージや野菜などの具をはさんで出来上がりです。おしゃれで朝食にぴったりなソーセージマフィン。キャンプ以外にも重宝しそうなレシピです!

  • 7.スパニッシュオムレツ

  • 【材料】(2人分)
    卵:2個
    ハム:3枚
    ジャガイモ:1個
    玉ねぎ:半分
    にんじん:1/4本
    ピーマン:1個
    牛乳:大さじ1
    塩コショウ:少々
    オリーブオイル:小さじ

    cookpad
  • ジャガイモ、玉ねぎ、ピーマン、ハムは1㎝角に切りにんじんは千切りにしましょう。ジャガイモを固めに茹で、フライパンで材料の野菜を炒め塩コショウします。
    ボールに卵を割りいれほぐして牛乳を加え、そこに炒めた野菜を入れます。スキレットを弱火にかけ、オリーブオイルを入れて野菜を入れた卵を流し入れ蓋をし4分熱します。蓋を開けて周りの卵が固まってきたら、グリルに入れ3分、焦げ目が表面についたら出来上がりです!お好みでケチャップをかけていただきましょう。

  • 熟練者向け!絶品キャンプ料理5選!

  • 1,ダッチオーブンで丸鶏!

  • 【材料】(6人分)
    丸鶏2キロ台:1羽
    お好みの塩(仕込み用):大さじ2
    にんにく:1個
    たまねぎ中:3個
    人参:3本
    じゃがいも(小):6個〜8個
    お好みの塩(調理用):大さじ1
    オリーブオイル:大さじ2〜3
    ローズマリー:数本

    cookpad
  • 丸鶏のお腹の中をきれいに洗い水分を拭き取り、水分が出てくるまで大さじ2の塩をすりこむ。塩をすりこんだ丸鶏をキッチンペーパーで包み、丸鳥の中にもキッチンペーパーを入れ、最後にラップでくるみ冷蔵庫で1日寝かせる。
    ※時間がない時は省略しても良いです。その場合は調理前に大さじ2の塩をすりこんでください。
    たまねぎ、人参を大きめに切る。ジャガイモが大きい場合は二つにカットする。にんにくの皮と芯を取ったら、丸鶏の中に、にんにく、たまねぎ、人参を詰めて、たこ糸または竹串で閉じる。ダッチオーブンに底上げ用網を置き、アルミ箔を敷いて、野菜を敷き詰め丸鶏を載せる。足を上にして入れてください。さらに隙間に残りの野菜を敷き詰め、上からオリーブオイルと残り大さじ1の塩を振りローズマリーを入れる。炭で1時間ほど調理する。蓋の上にも炭を載せ、焼き色を付ける。蓋上に七割の炭、鍋下に三割の炭を置く。

  • 2,フライパンで作れるパエリア

  • 【材料】(4人分)
    イカ:1枚
    むき海老:100g
    アサリ:10個
    パプリカ:2分の1
    トマト:1個
    玉ねぎ:2分の1
    にんにく:ひとかけ
    カレー粉:小さじ1
    コンソメキューブ:1個
    白ワイン(酒):大さじ2
    ピザ用チーズ:少々
    レモン:2分の1
    オリーブオイル:大さじ1
    温かいごはん:250g

    cookpad
  • 玉ねぎとにんにくをみじん切りして、オリーブオイルを熱し、フライパンでしんなりするまで炒める。イカ、えび、アサリを入れて、塩コショウをふり、サッと炒め、白ワインを加え蓋をしてひと煮たち。
    ぶつ切りしたトマト、カレー粉、コンソメを入れ、ソース状になったら魚介を取り出す。フライパンに温かいご飯を加え、弱火で全体を混ぜ合わせながら平らにする。ご飯の上に、魚介とパプリカ、ピザ用チーズをのせ、チーズが溶けるまでふたをして加熱する。食べる直前にレモンを絞ることで美味しさが跳ね上がりますよ!

  • 3,えびとマッシュルームのアヒージョ

  • 【材料】(4人分)
    ゆでえび(小):6尾(殻をむいてから塩もみして洗っておく)
    玉ねぎ:1/4個
    プチトマト:4個
    バゲット:適量
    パセリ:適量
    マッシュルーム:適量
    にんにく:半片
    鷹の爪:適量
    クレイジーソルト:適量
    オリーブ油:大さじ6

    キユーピー
  • エビは尾を残して殻をむいて背ワタを取る。玉ねぎは薄切りにする。
    鍋にみじん切りにしたニンニクとオリーブオイルと鷹の爪をたっぷり入れ、水気をよくふき取ったエビと玉ねぎ、汁気をきったマッシュルームを入れる。火をつけて弱火にし、混ぜながら煮る。えびの色が変わったら、プチトマトを加え、軽く煮込む。しばらく熱したら器に盛りつけ、みじん切りにしたパセリを散らし、バゲットを添えて出来上がりです。

  • 4,ローストビーフ

  • 【材料】(4~5人分)
    牛肉ブロック (350~400g位のもの):2本
    ☆塩・コショウ:適量
    ☆クレイジーガーリック:適量
    サラダ油:適量
    水:300cc
    醤油:160cc
    酒・みりん:各100cc
    生姜、にんにくチューブ:各2㎝

    cookpad
  • キッチンペーパーで肉の水気を拭き取り、☆のスパイスを擦り込んだら、別のキッチンペーパーで包み、更にラップをしておきます。
    ダッチオーブンをプレヒートし、肉を常温に戻します。油を引き、肉の表面が焼けたら一度取り出します。煮汁の材料を全て入れ、軽く沸騰させてから肉を戻し、蓋をして3分ほど煮ます。火から下ろし、そのまま1時間以上放置。ダッチオーブンの保温効果で中までゆっくり火が通ります。粗熱が取れたら、ラップをして冷ましたら完成。煮汁は2/3になるくらい煮詰め、ソースにしましょう。

  • 5,チーズグラタン

  • 【材料】(2~3人分)
    じゃがいも:3個
    バター:大さじ2
    塩、粗挽き黒こしょう:少々
    生クリーム:1/2カップ
    ブルーチーズ:大さじ2~3
    ピザチーズ:1/2カップ
    粉チーズ:大さじ1
    タイム:3枝

    コールマン
  • ジャガイモは皮付きのまま1㎝程度の輪切りにする。温めたダッチオーブンにバターを溶かしジャガイモを炒め、全体にバターが絡んだら、牛乳と生クリームを注ぎ入れてひと混ぜする。
    その上にブルーチーズとスライスチーズをちぎって乗せ、タイムを散らす。上下火(下火は中火、ふたの上に炭をひと並べ置く)で10~12分焼いたら完成!ジャガイモに火を入れながらチーズを溶かすので、クリーミーでほくほくのグラタンができあがります。

  • 一人キャンプはまるで映画の世界

  • 【保存版】おすすめアウトドア・キャンプ料理30選!
    Loading...
  • キャンプの魅力がいまいち分からないという方のために、キャンプの雰囲気が収められた素敵な動画をご紹介します。
    これを見ていただければ、森の音や虫の声に囲まれて、ゆったりとした上質な時間を味わうことができる…というキャンプの魅力がきっと伝わると思います。動画を撮影された方は車でキャンプに来ており、動画内ではキャンプ料理も作っていますよ!

  • これさえあればキャンプ料理ができる

  • キャンプの基本アイテムまとめ

  • ここまでキャンプのおすすめレシピをご紹介しましたが、コッヘルやスキレットなど聞きなれない単語も結構でてきましたよね。
    専門用語が多くてよくわからない…という方のために、キャンプ料理に使う道具をご紹介したいと思います!

  • コッヘル(クッカー)

  • コッヘルとは、アウトドア用の鍋のことを指します。
    クッカーとも呼ばれおり、アウトドアでも快適に扱えるよう小さく軽く設計されているのが特徴。取っ手が折りたたみ式になっているなどの工夫がされています。コッヘルの用途はお湯を沸かす、煮る、ご飯を炊く、炒めるなどの調理に活躍してくれるアウトドア調理器具の代表格。これとバーナー(バーナーについては下記で詳しく説明しています)さえあれば簡単な料理は作れます。蓋を器にして使うこともできますよ。

  • スキレット

  • スキレットとは、アウトドアによく使われている鋳鉄製の厚手のフライパンです。
    その厚さと高い蓄熱性のおかげで、ステーキやハンバーグなどが簡単に美味しく仕上がるスキレット。小型のものも多く、アウトドアでは重宝されているんですね!スキレットカバーを使えば、圧力鍋や無水鍋・無油鍋にも使えるため、とっても便利です。上記のコッヘルは煮るのが得意、スキレットは炒めるのが得意というイメージです。

  • ストーブ(バーナー)

  • アウトドアで炒め物や煮物をする際は、いちいち焚き火を起こさないといけないの…?と疑問を感じている方も多いかもしれません。
    実は、アウトドア用品はとても便利で小さい商品が多く開発されているんです。このストーブもそんな技術力の結晶の一つ。ストーブといっても部屋を暖かくしてくれるわけではありません。ストーブ、バーナーとはアウトドア用コンロのことで、この上にコッヘルやスキレットを乗せて使います。ストーブの下にあるものはガスの燃料で別売となっています。ストーブには多くの種類があり、中にはコンビニに売られているようなガス缶で火を起こせるタイプのものもあります。

  • ダッチオーブン

  • アウトドア調理用品の中でも有名なダッチオーブン。
    オーブンと聞くととても大きな窯のようなものや、電子レンジのような大きな機械を想像しがちですが、ダッチオーブンは画像のような黒いお鍋のことを指します。揚げ物はもちろん、お肉をやいたりと使い方は様々です。ダッチオーブンを使うことで料理の幅をぐっと広げることができます。ちなみに、ダッチオーブンを購入する際は、火お越し器や炭を掴むトング、グローブも揃えておくと不便なく使うことができます。

  • キャンプで気を付けることって何?

  • チェックインとチェックアウトの時間を確認しよう

  • キャンプ場は、無料な場所も少なからずありますが、ほとんどは有料になります。
    また、ホテルなどの宿泊施設と同じようにチェックインとチェックアウトの時間が設定されている場所がほとんど。もちろんチェックイン時間を超えてしまうとキャンプができない場合もありますし、チェックアウトの時間を過ぎてしまうとキャンプ場の使用料金をその分払わなければいけません。キャンプをする際は、キャンプ場の場所や料金だけでなく時間もしっかり調べておきましょう。

  • ごみのポイ捨ては絶対にダメ!

  • キャンプ場でごみのポイ捨ては絶対にしてはいけません。
    キャンプ場では、それぞれごみの捨て方に指定があります。指定の場所に捨てるルールの場所もあれば、ごみはすべて持ち帰らなければいけない場所もあります。そのキャンプ場で決められているルールに従いましょう。もちろんキャンプ場だけでなく、指定の場所以外でごみを捨てるのはだめですよ。

  • 周りの迷惑になるような騒音を出さない

  • みんなで行うキャンプやバーベキューは楽しいですよね。
    キャンプだとお酒が進んで話も盛り上がるのはわかります。しかし、大騒ぎしていることで周りにいる方の迷惑になっていないかどうか、少し冷静に考えてみましょう。静かにキャンプを楽しみたい方や、眠りたいのに眠れなくて困っている方がいるかもしれません。楽しいのは良い事ですが、周りにいる方への配慮を忘れないようにしましょう。

  • 野生動物に注意!

  • キャンプ場の多くは、河原や山の中にあります。
    人が来なくて静かなキャンプ場は、野生動物が現れる場合もあります。シカやキツネならまだしも、場所によっては熊が出没するおそれのある場所も…。最近熊が発見されたキャンプ場は看板や注意書きがされているので、もしそんな看板を見かけたら、よほどの理由が無い限り利用するのは辞めておいた方が賢明です。また、野生の動物を見かけても絶対に食べ物を与えてはいけません。

  • まとめ

  • アウトドアのおすすめ料理30選、いかがでしたでしょうか。
    アウトドア初心者の方も、熟練者の方にも参考にしていただけたら幸いです。
    なんで外で食べるの?という疑問を抱いた方、軽登山でもピクニックでもいいので一度自然に囲まれてご飯を食べてみてください!きっといつも家で食べるよりおいしく感じるはずです。それを感じればアウトドア料理の魅力がきっと伝わるかと思います。是非試してみてくださいね!

動画まとめの記事を作ってみませんか? 動画まとめの記事を作ってみませんか?

おすすめ動画

続きを読み込む
Pageup