【感情解放テクニック】EFTのタッピング実践方法!

EFTはセラピー(心理療法)の一つで、感情解放に特化した、極めて「使える」ツールです。 EFTはEmotional Freedom Techniquesの頭文字を取ったものです。 「イーエフティー」と発音します。 日本語に訳すと「感情解放テクニック」です。 文字通り、EFTは感情を解放するテクニックです。

  • EFTとは?

  • EFTは1996年にアメリカのギャリー・クレイグが

    TFTというセラピーを基に開発したテクニックです。

    手順が簡単で一人でできるので、だれでも使えます。

    また、単純な手法ながら非常に高い効果があり、

    世界的に使われているテクニックです。

  • EFTはエネルギー療法

  • EFTはエネルギー療法の一つであり

    様々なエネルギー療法の中でも

    一般の方が簡単に学びそして効果的に

    使えるものとして研究され、提供されているものです。

  • EFTは一通りの順番でタッピングを行い

    すべての症状に対してこの同じタッピング法を行います。

    2~3分で終わるこの「Basic Recipe」は眉頭から始まり

    身体の上の位置から順に下へ向かい

    小指までの14箇所をトントンとタッピングします。

    このタッピングに、後に述べます。

    フレーズとリマインダーを組み合わせることで

    誰でも簡単に自分のため、そして他の人のために

    心身の問題から解放されるツールとして利用することができます。

    日ごろ感じてしまうストレスからすぐに解放され

    悲しみ、憎しみ、といった、辛い感情からも数分で解放されるのです。

    これまでは数年に渡って、カウンセリングを行っても

    解決の道さえ見出せなかった感情的な問題も

    数回のEFTで解消されることもあります。

  • 【感情解放テクニック】EFTのタッピング実践方法!
    Loading...
  • タッピングとは?

  • EFTは、簡単に言うと、感情を感じながら

    身体の数か所のツボを指先でトントン叩くだけのテクニックです。

    指でツボをトントン叩くことを「タッピング」と呼びます。

    ツボは東洋医学のツボであり、EFTは針を使わない針治療とも言えます。

  • タッピングポイント!

  • ①から⑭までタッピングするのが1周となり

    感情が少なくなるまで何周もタッピングしていきます。

    片方の指を2~3本使って、上記のポイントをタッピングします。

    1か所につき、5~7回程度タッピングしますが

    タッピング回数は好きな回数で構いません。

    タッピングは左右どちらでも構いません。

    途中で手を変えても大丈夫です。

    深呼吸も適宜はさみます。

おすすめ動画

続きを読み込む
Pageup