南シナ海に現れた海の怪物「ブルーホール」不気味な空間の正体は・・?

  • 皆さんはブルーホールというものをご存知でしょうか?

    おそらくほとんどの方がご存じではないかと思います。
    ブルーホールとは、かつての洞窟や鍾乳洞といった地形が何らかの理由により海中へ水没し、浅瀬に穴が空いたように形成された地形、または海中からその地形を見上げた際の様子を指します。

    海に沈んだ洞窟や鍾乳洞…ロマンを感じますね!

    そんなブルーホールですが、今回なんと世界最深のブルーホールが南シナ海にあるパラセル諸島沖で発見されました。


  • 南シナ海で世界最深の「ブルーホール」を発見 中国が発表(画像) http://www.huffingto ... # @HuffPostJapanより こういうの怖い

  • その深さは何と約300メートルにもおよぶことが発覚し、
    今まで一番深いとされていたカリブ海の「グレート・ブルーホール(202メートル)」を遥かに凌ぐ深さであることが判明しました。

    今回見つかったパラセル諸島沖のブルーホールは、「目」や「竜の穴」と呼ばれており、
    周囲には20種類以上の魚が見つかったそうです。

    実は、そんなブルーホールに潜る映像があります!
    海の神秘を感じるブルーホールの動画を是非ご覧ください。



おすすめ動画

続きを読み込む
Pageup