愛猫を安楽死させる苦渋の決断をした飼い主 動物病院へと向かう途中で猫が飼い主に与えたものとは

  • アンドリュー

  • 今回ご紹介するのは、アンドリューという猫のエピソードです。
    アンドリューは、バーンハードさんの家族と15年以上一緒に暮らしてきました。
    このアンドリューという名前は、飼い主であるアンドリュー・バーンハードさんからとった名前です。



  • ある日、バーンハードさんの家族はアンドリューを安楽死させるために動物病院へ連れていきました。
    この写真はそのときに撮られたものです。
    車に乗っている間、アンドリューは飼い主であるバーンハードさんの手をずっと握っていました。

    バーンハードさんは、この写真をRedditというアメリカのSNSに、下記の文章を添えて投稿しました。
    「アンドリューは自分の最後のおでかけとなる動物病院への道のりで、私の手を握り続けていた。アンドリューは私なんかよりずっと強いんだ。」


  • アンドリューとバーンハードさん

  • バーンハードさんがアンドリューを飼い始めたのは、高校に入ってすぐの頃でした。
    それから15年間、バーンハードさんとアンドリューはとても仲良く暮らしてきました。
    バーンハードさんの高校生活、大学生活、研修医の日々、結婚、すべてを一緒に歩んできたのがアンドリューという猫だったのです。

    飼い始めた当時から、アンドリューはバーンハードさんと同じく外へ出かけるのが大好きでした。
    そして「アンドリュー・バーンハード」さんのジュニアという意味の、アンドリューという名前が付けられたのです。
    バーンハードさんはアンドリューをとても可愛がっており、アンドリューもバーンハードさんにとても懐いていました。

    そんなアンドリューを安楽死させなければいけない理由は、とても悲しいものでした。

  • なぜ安楽死をさせるのか

  • アンドリューは、動物病院に向かう時には既に自分の最期を悟っていたようでした。
    なぜ安楽死をさせなければならなかったのでしょうか…
    それはアンドリューのことを一番想っている、バーンハードさんの決断によるものだったのです。

おすすめ動画

続きを読み込む
Pageup