あなたは知っていますか? 悲惨な生活を強いられ、最後には殺されてしまう「闘犬」の実態 

  • 今回は、とある事件によって重傷を負った1匹の犬のエピソードをご紹介します。

  • 傷ついた子犬

  • ある日、アメリカの動物レスキュー団体に1本の電話がありました。

    ”ひどい怪我を負っている犬がいる”

    急いで現場に向かうと、そこにはまだ生後5か月ほどのピットブルの子犬がいました。
    その子犬は体中に酷い傷を負い、命も危ない状況でした。

  • 顔にも重傷を負っており、目が開きません。

  • 傷の原因

  • どうやらこの子犬は、無理やり闘犬に出され重傷を負ったようです。
    闘犬とは、犬同士を戦わせる違法な賭博行為です。
    アメリカでは、特に厳しく取り締められています。

  • そんな環境から保護され、少しずつ心と体の傷を癒していく子犬。
    この子犬は「ジャックス」と名づけられました。

  • 約2週間に及ぶ集中治療を終えたジャックス。
    そしてジャックスは新しい飼い主さんが見つかり、引き取られることになりました。
    現在のジャックスの姿がこちらです。

おすすめ動画

続きを読み込む
Pageup