仮想通貨を諦めるのはまだ早い!年内に大逆転か?!

  • 仮想通貨を諦めるのはまだ早い!年内に大逆転か?!
    Loading...
  • 仮想通貨バブルは終わったのか?

  • 2017 年は「億り人」という言葉がバズワードになり

    仮想通貨がようやく世間に認知された一年でしたね。



    しかし、2017 年の年末から 2018 年の年始にかけて

    仮想通貨の価格はあっという間に大暴落!



    こうした状況を見て世間の人たちは・・・



    「仮想通貨バブルは終わった」

    「やっぱり仮想通貨投資はキケンだ」

    もしかしたら、これを読んでいるあなたも

    そう思っているかもしれませんね。

  • インターネットが私たちの生活に欠かせない

    インフラになったように、仮想通貨が近い将来私たちの

    生活に欠かせないものとなるのは間違いありません。



    というのも・・・


    紙幣や小銭を持ち歩く必要がなくスマホで一瞬で会計できる

    それだけなら電子マネーと同じですが、仮想通貨は国に依存しない

    通貨なので、仮に日本が経済破綻しても残り続けるということです。

  • 日本国内だけでなく海外でも使えるので

    両替の必要がなくなる仮想通貨特有の技術のおかげで

    不正利用されるリスクが低いですし従来は数千円のコストと

    何日もの時間が掛かっていた海外送金が一瞬で終わります。



    このように仮想通貨が円やドルといった従来のお金よりも
    優れたメリットだらけのテクノロジーだからです。



    インターネットで気軽に音楽が聴ける時代に

    レコードやカセットテープで音楽を聴く人が少ないように

    仮想通貨が今のお金よりも便利でメリットがあるものなら

    必然的に日常で使われるようになりますよね?

  • また、これから世界中の人が仮想通貨を使うようになれば仮想通貨の

    価値はどんどん上がることは、もはや分かりきったことです。



    これこそが、仮想通貨が何千年に一度という
    ビジネスチャンスと呼ばれる理由なのです。



    私も数多くのインターネットビジネスや投資を見てきましたが
    仮想通貨投資ほどのチャンスはもう生きている間に訪れないんじゃないか?

    そう思うほど、大きなチャンスが目の前に広がっているのです。

  • インターネットというテクノロジーは私たちの生活に

    必要不可欠なものであり、ますます発展しているからです。



    必要不可欠なものの評価が下がっていく理由がありませんから

    本質的な価値があるものであれば、一度は下がったとしても

    その後大きく上昇することは確定的と言えるのです。



    これは仮想通貨にも言えることで、昨年末からの急騰と暴落は
    急激に資金が集中し過ぎたことによる結果でしかないのです。


    しかし、仮想通貨はインターネットと同様にこれからの

    私たちの生活の一部となり、仮想通貨は実態を伴い右肩上がりに
    価格は上がっていくことは容易に想像できます。

  • その証拠に…

  • NTT 、グーグル、ヤフー、楽天、 LINE 、アップル

    フェイスブック、 マイクロソフト、リクルート、 GMO

    DMM 、 SBI 、マネックス、 サイバーエージェント …

    といった大企業が次々と仮想通貨ビジネスに参入しています。


    日本政府すら仮想通貨「e 円」の発行を進めているぐらいです。


    また、仮想通貨は円やドルと違って最初から

    発行量が決まっているため、これから仮想通貨の需要が爆発的に
    増えるにも関わらず、供給される量は一切増えないのです。


    仮想通貨の供給量が変わらないのに、需要だけが増えれば

    その価値が上昇するのは誰にでも理解できることでしょう。

おすすめ動画

続きを読み込む
Pageup