【初音ミク】大祓詞で罪や穢れを祓い言霊のように潜在意識を浄化!

  • 大祓詞(おおはらえのことば)とは?

  • 大祓詞(おおはらえのことば)は年に二回ある

    「大祓(おおはらえ)」半年ごとの大祓の儀式で奏上されていた祝詞です。


    六月に神社に行くと大きな輪が祀ってある光景を見たことがあると思います。

    あれは「夏越の大祓」言って、茅の輪くぐりをすることによって

    元旦から半年経って付着した罪穢れを祓う儀式です。

    大祓えは昔から半年ごとに行われており

    夏越しの大祓えから半年後の大晦日に「年越しの大祓」を行います。



    大祓詞(おおはらえのことば)唱えた人の罪や穢れを祓い
    言霊のように潜在意識を浄化する効果があります。


    大祓詞はとても長く、一度唱えるのに結構な時間がかかりますが
    唱えると自分の罪、穢れを祓う効果があります。

    大祓詞を何度も唱えることで自分の中に天からの
    エネルギーを下ろし、穢れをなくし、罪は薄らぎます。

  • 大祓詞を中臣祓と呼ぶこともあります。

  • ちなみに大祓詞を唱えていたのが中臣鎌足などの中臣氏です。

    中臣氏はその後天皇から「藤原」という名前をもらい
    平安時代を風靡した藤原氏が誕生します。

    なので、大祓詞を中臣祓と呼ぶこともあります。

  • 大祓詞(おおはらへのことば)には浄化の効果は?

  • 自分の潜在意識の奥底にある本当の自分(魂)であり神の分け御魂
    ハイヤーセルフとも呼ばれる「真我」についた心のゴミを掃除してくれます。

    穢れ=「気枯れ」とであり、気が枯れてエネルギーがなくなっていることが
    穢れの状態であるとかきましたが、これに対して「罪」は「包み」を意味し
    自分の「真我」を包んでいる不純物を意味します。

    大祓詞を何度も唱えることで自分の中に天からの
    エネルギーを下ろし、穢れをなくし、罪は薄らぎます。

  • 【初音ミク】大祓詞で罪や穢れを祓い言霊のように潜在意識を浄化!
    Loading...
  • 大祓詞の読み方

  • 高天原に神留まり坐すたかあまはらにかむづまります。
    皇が親神漏岐神漏美の命以てすめらがむつかむろぎかむろみのみこともちて
    八百万神等を。やほよろづのかみたちを。
    神集へに集へ給ひ。かむつどへにつどへたまひ。
    神議りに議り給ひて。かむはかりにはかりたまひて。
    我が皇御孫命は。あがすめみまのみことは。 
    豊葦原瑞穂国をとよあしはらのみづほのくにを
    安国と平けく知食せとやすくにとたひらけくしろしめせと
    事依さし奉りき。ことよさしまつりき
    此く依さし奉りし。かくよさしまつりし。
    国中に。くぬちに。
    荒振神等をば神問はしに問はし給ひ。あらぶるかみたちをばかむとはしにとはしたまひ。
    神掃へに掃へ給ひて。かむはらひにはらへたまひて。
    語問ひし磐根樹根立草の片葉をもことどひしいはねきねたちくさのかきはをも
    語止めて。ことやめて。
    天の磐座放ち天の八重雲をあまのいはぐらはなちあまのやへぐもを
    伊頭の千別に千別て。いづのちわきにちわきて。
    天降し依さし奉りき。あまくだしよさしまつりき。
    此く依さし奉りし。かくよさしまつりし。
    四方の国中と。よものくになかと。
    大倭日高見の国を。おおやまとひだかみのくにを。 
    安国と定め奉りてやすくにとさだめまつりて
    下津磐根に宮柱太敷き立て。したついはねにみやはしらふとしきたて。
    高天原に千木高知りてたかあまはらにちぎたかしりて
    皇御孫命のすめみまのみことの
    瑞の御殿仕へ奉りてみづのみあらかつかへまつりて
    天の御蔭日の御蔭と隠り坐してあまのみかげひのみかげとかくりまして
    安国と平けく知食さむやすくにとたいらけくしろしめさむ
    国中に成り出む。くぬちになりいでむ。
    天の益人等が過ち犯しけむ。あまのますひとらがあやまちおかしけむ。
    種種の罪事はくさぐさのつみごとは
    天津罪国津罪あまつつみ くにつつみ
    許許太久の罪出む此く出ば。ここだくのつみいでむかくいでば。
    天津宮事以ちて天津金木を本打ち切りあまつみやごともちてあまつかなぎをもとうちきり
    末打ち断ちて。すえうちたちて。
    千座の置座に置足はしてちくらのおきくらにおきたらはして
    天津菅麻を本刈り断ち末刈り切りてあまつすがそをもとかりたちすえかりきりて
    八針に取裂きてやはりにとりさきて
    天津祝詞の太祝詞事を宣れ。あまつのりとのふとのりとごとをのれ。

    此く宣らば。かくのらば。
    天津神は。あまつかみは。
    天の磐戸を押披きて天の八重雲を。あまのいはとをおしひらきてあまのやへぐもを。
    伊頭の千別に。いづのちわきに。
    千別て。ちわきて。
    聞食さむ国津神は。きこしめさむくにつかみは。
    高山の末低山の末に登り坐て。たかやまのすえひきやまのすえにのぼりまして。
    高山の伊褒理たかやまのいぼり
    低山の伊褒理を掻き別けて。ひきやまのいほりをかきわけて。
    聞食さむ。きこしめさむ。
    此く聞食しては。かくきこしめしては。
    罪と言ふ罪は在らじとつみといふつみはあらじと
    科戸の風の天の八重雲をしなとのかぜのあまのやへぐもを
    吹き放つ事の如く。ふきはなつことのごとく。
    朝の御霧。あしたのみぎり。
    夕の御霧を。ゆうべのみきりを。
    朝風夕風の吹き掃ふ事の如くあさかぜゆうかぜのふきはらふことのごとく
    大津辺に居る大船を。おおつべにをるおおぶねを。
    舳解き放ち。へときはなち。
    艪解き放ちて。ともときはなちて。
    大海原に押し放つ事の如くおおうなばらにおしはなつことのごとく
    彼方の繁木が本を。おちかたのしげきがもとを。
    焼鎌の利鎌以て打ち掃ふ事の如くやきがまのとがまもちてうちはらふことのごとく
    遺る罪は在らじと。のこるつみはあらじと。
    祓へ給ひ清め給ふ事を。はらへたまひきよめたまふことを。
    高山の末。たかやまのすえ。
    低山の末より。ひきやまのすえより。
    佐久那太理に落ち多岐つ。さくなだりにおちたきつ。
    早川の瀬に坐す。はやかわのせにます。
    瀬織津比売と伝ふ神。せおりつひめといふかみ。
    大海原に持出でなむ。おおうなばらにもちいでなむ。
    此く持ち出で往なばかくもちいでいなば
    荒潮の潮の八百道の八潮道のあらしほのしほのやおあひのやしほじの
    潮の八百曾に坐す。しほのやほあひにます。
    速開都比売と伝ふ神。はやあきつひめといふかみ。
    持ち加加呑みてむ。もちかがのみてむ。
    此く加加呑みては気吹戸に坐すかくかがのみてはいぶきとにます
    気吹戸主と伝ふ神。いぶきどぬしといふかみ。
    根国底国に気吹放ちてむ。ねのくにそこのくににいぶきはなちてむ。
    此く気吹放ちては根国底国に坐す。かくいぶきはなちてはねのくにそこのくににます。
    速佐須良比売と伝ふ神。はやさすらひめといふかみ。
    持ち佐須良比失ひてむもちさすらひうしなひてむ
    此く佐須良比失ひては。かくさすらひうしなひては。
    今日より始めてけふよりはじめて
    罪と伝ふ罪は在らじと。つみといふつみはあらじと。
    今日の夕日の降のきょうのゆうひのくだちの
    大祓に祓へ給ひ清め給ふ事をおおはらへにはらへたまひきよめたまふことを
    諸々聞食せと宣る

  • 祝詞とは「強い言霊を持つ、神様に申し上げるときに使う正式な言葉」と言えます。

  • 大祓詞(おおはらえことば)は長く古事記のストーリーが
    入っていることや、大和言葉が難しいことから初心者の人が
    読むには少々難しいかもしれません。

    しかし、1300年ほど前に中臣氏
    (天児屋根命/あめのこやねのみこと)が
    読んだとされる祝詞です。

    祓の祝詞の中でも最も効果があり、何遍も唱えることの
    功徳がすごいと言われる由緒正しき祝詞です。

  • 大祓詞の意味

  • 大祓詞はニニギノミコトが天孫降臨をし
    地上世界を平和に治めた功績を述べた後、

    この世の罪・穢れを瀬織津姫と言った祓戸大神がどのように
    祓消し去ってくださるかを描写するという内容です。

    私たち人間の生む様々な罪や穢れを取り払ってくださいませと
    神様にお願い申し上げているという意味です。

  • 大祓詞の効果

  • 大祓詞は読み上げるだけで、強力な効果を持つと呼ばれる祝詞です。

    大祓詞には、以下の効果があると信じられています。

    強力な祓の効果(私たちにまとわりつく不幸を取り除く)

    神様にお近づきになる

    神様に自分のお願いを聞いていただける

    不幸を遠ざけ幸せを近づける

    日本では様々な宗教が海外からもたらされ
    それらの影響を神道は多く受けました。

    その中で、大祓詞は口にして唱えるだけで、強力な厄災を払い
    幸せを呼び込む効果を持つと信じられてきました。

    • sakiogura1
    • 2014-3.9 17:29
    •  8
    • 聞いてて心洗われます。 動画upありがとうございました。
     
    • nozomimatuki
    • 2014-3.10 21:07
    •  5
    •  
      sakiogura1さまコメントありがとうございます。
      自分も聴いていてなんだかやたらと浄化されます。
     
    • 小哈
    • 2014-12.19 00:56
    •  4
    • 心がおじ着くな~
     
    • 空間王子
    • 2015-12.1 22:06
    •  18
    • 素晴らしいシェアをありがとうございます。高い神々は仕組みであり、システムそのものなので、感情のないボーカロイドのような、無機質な響きとは相性が良いですね。 神職とはいえ人、エゴが中々抜け切らない者。 響きは直接通じるものなので、人よりもボーカロイドの祝詞の方がすんなりと浸透しやすいです。メロディーは、祝詞を感じることで、階層へと自動的に通じ、適切に降りてきたのでしょう。今後も楽しみにしております。
     
    • マリカ
    • 2015-12.6 10:39
    •  16
    • いつ聴いいてもいいよ。我が祖先よ、実家は奈良である祖先も 大和の都でも 聴いたであろうね。初音ミクはいい 若者たちに聴いいて欲しいね 未来永劫に伝え きいて欲しいね
     
    • atobe bus
    • 2016-1.3 23:40
    •  20
    • なんて素晴らしい歌詞なのでしょう!私的な感想を言えば。新興宗教はじめ、個人の心の疑念を取り払い、愚かな小さい愚情にとらわれず。あなたが住んでる土地や営みに誇り思って、ありがたい動植物の恵みや起伏に富んだ自然や四季の移り変わりを楽しみに。海を見つめ、陽を見つめ、月を見つめ、夜空の星を見つめ。アナタの生き様こそが国を営む。ではないでしょうか。
     
    • tosi aiura
    • 2016-5.25 13:02
    •  0
    • 初めて美玖の祝詞聞いたんですが、非常に良いですね。大祓詞 ひふみ祝詞 十種神宝の祝詞歌 をシェアさせて戴きました。2・3種一緒に合わせて流すと楽しいですw
     
    • ころころ
    • 2016-6.15 03:58
    •  1
    • 寝るときなど聞いてます。癒されますね、ミクの歌声もすごくあってると思います。
     
    • 横枕秀樹
    • 2016-6.16 16:48
    •  0
    • 子守り寝る毎日聞いてます。
     
    • 横枕秀樹
    • 2016-6.16 16:50
    •  3
    • 神社でお祓いに流してます。
     

おすすめ動画

続きを読み込む
Pageup