花火大会2016年のおすすめランキングBEST20。穴場や駐車場情報も!

  • 花火大会の季節が今年もやってきました!夏のイベントとしては欠かせないですよね。でもよく考えてみると「近場の花火大会しか行ったことがない」「行こうかなと思うけど混雑してて嫌だな」「遠目から見れれば十分だと思っていた」という方も多いのではないでしょうか。そこで東京、関東地方の花火大会から日本全国のおすすめの花火大会までを一気にランキング形式でまとめました。穴場のスポットや新たな発見があるかもしれませんよ。


  • 1.長岡まつり大花火大会【新潟】

  • 長岡の花火大会は、日本三大花火大会の一つとしてとても有名です。特に、正三尺玉(直径90cm)の大玉は、その辺の花火大会では見られませんし、超大型ワイドスターマイン(速射連発花火)の規模も他を圧倒する凄さです。視界全てが花火の輪。夜空全てに、大輪の火の花が咲き乱れます。

    名物の「ナイアガラ」は、長生橋と大手大橋の両方で650mの光の滝が川面に降り注ぎ、同じく目玉の「フェニックス」は左岸河川敷のほぼ2㎞に渡って打ち上げられる壮大なものです。

  • 花火大会2016年のおすすめランキングBEST20。穴場や駐車場情報も!
    Loading...
  • ■長岡まつり大花火大会の基本情報

  • ・名称: 長岡まつり大花火大会
    ・開催場所: 新潟県長岡市長生橋下流信濃川河川敷
    ・開催日: 8月2日(火)、3日(水)
    ・打ち上げ予定時間: 19:20~21:10
    ・アクセス: (電車)JR信越本線「長岡駅」より徒歩で20分 (車)関越自動車道「長岡IC」より車で20分
    ・駐車場: 有り
    ・電話番号: 0258-39-2221
    ・料金: 無料(特別席は有料)

  • 2.隅田川花火大会【東京】

  • 全国的にも有名な、東京三大花火大会の1つに数えられる隅田川花火大会。目玉は、10社による花火コンクール。各業者の今年の力作を見ることが出来ます。開催日は毎年7月最終土曜日に行われます。

    隅田川花火大会には「第一会場」と「第二会場」の2つの会場があり、会場によって内容が変わります。第一会場では花火コンクールの200発を含む約9,000発が打ち上げられ、第二会場では創作花火など、10,000発以上が打ち上げられます。例年80万人近い方が来場し、当日は超混雑します。車だけでなく徒歩でも入場規制がかかることがあります。早めに会場にいくことをお勧めします。

  • 隅田川花火大会の基本情報

  • ・名称: 隅田川花火大会
    ・開催場所: 第一会場 桜橋下流~言問橋上流、第二会場 駒形橋下流~厩橋上流
    ・開催日:7月30日(土)
    ・打ち上げ予定時間: 19:05~20:30
    ・アクセス: 第一会場 浅草駅から徒歩15分、第二会場 蔵前駅から徒歩5分
    ・駐車場: 無し
    ・電話番号: 03-5246-1111
    ・料金: 無料(特別席は有料)

  • 3.全国花火競技大会「大曲の花火」【秋田】

  • 長岡の花火大会と並び「日本三大花火大会」と呼ばれている大会のひとつ。1910年に始まった歴史ある花火大会で全国から選抜された一流の花火師達が集まり、技術と知識で競い合う国内最高水準の花火大会です。

    メインの花火は何百発という花火を一斉に打ち上げるワイドスターマイン。音楽に合わせて速射連発される花火はまさに圧巻です。

  • 全国花火競技大会「大曲の花火」の基本情報

  • ・名称: 全国花火競技大会「大曲の花火」
    ・開催場所: 秋田県大仙市大曲花火大橋付近雄物川河畔
    ・開催日:8月27日(土)
    ・打ち上げ予定時間: 昼の部 17:30~18:15、夜の部 18:50~21:30
    ・アクセス: 電車 JR秋田新幹線大曲駅から徒歩30分、車 秋田自動車道大曲ICから国道105号を大曲橋方面へ車で7km。
    ・駐車場: 有り(一部有料)
    ・電話番号: 0187-62-1262
    ・料金: 無料(特別席は有料)

  • 4.土浦全国花火競技大会【茨城】

  • 日本三大花火(新潟の長岡、秋田の大曲)の一つであり、三大競技大会(秋田の大曲、三重の伊勢)の一つとしても有名な茨城県土浦市で行なわれる土浦全国花火競技大会です。全国の花火師による、技術を競い合い優勝を目指す花火大会で、スターマイン、10号玉、創造花火の3部門にわかれています。

    花火師たちが数百発の多種多様な花火を組み合わせたオリジナルのスターマインを持ち込むことから、「スターマイン日本一の花火大会」と言う人がいるほどのレベルの高さです。開催時期が10月の第一土曜日と夏の花火大会ではないのですが澄んだ空気の中で見る、盛大に打ちあがる花火は格別ですよ♪

  • 土浦全国花火競技大会の基本情報

  • ・名称: 土浦全国花火競技大会
    ・開催場所: 茨城県土浦市佐野子 桜川河畔 学園大橋付近
    ・開催日:10月1日(土)
    ・打ち上げ予定時間: 18:00~20:30
    ・アクセス: 電車 土浦駅から徒歩30分、車 常磐自動車道桜土浦ICから国道354号を経由し、国道6号を桜川橋方面へ車で5km。
    ・駐車場: 有り(一部有料)
    ・電話番号: 029-826-1111(内線2705)
    ・料金: 無料(特別席は有料)

  • 5.ふくろい遠州の花火【静岡】

  • 静岡県袋井市で毎年8月に開催される「ふくろい遠州の花火」は全国でもトップクラスの規模を誇る東海エリアを代表する花火大会です。こちらも競技大会の一面も持っているため、業者の様々な技術を見ることが出来ます。

    全国の花火大会の中で打ち上げ本数が4番目に多いそうで、ドラマチックハナビ、空中ナイアガラ、大玉100連発、メロディスターマインなど飽きることなく、花火大会を満喫できます。

  • ふくろい遠州の花火の基本情報

  • ・名称: ふくろい遠州の花火
    ・開催場所: 静岡県袋井市愛野 原野谷川親水公園
    ・開催日:8月6日(土)
    ・打ち上げ予定時間: 19:00~21:00
    ・アクセス: JR袋井駅から徒歩20分
    ・駐車場: 無し
    ・電話番号: 0538-42-6151
    ・料金: 無料(特別席は有料)

  • 6.伊勢神宮奉納全国花火大会

  • 秋田の大曲、茨城の土浦と並び日本三大競技花火大会として位置づけられているのがこの「伊勢神宮奉納全国花火大会」です。その名の通り神宮に花火を奉納するという唯一無二の大会です。別名『宮川の花火』とも呼ばれ、『宇治橋』の渡り初めの際、ある花火師が奉納したことがキッカケとなり1953(昭和23)年から本格的な花火大会となり、その歴史はすでに半世紀以上にも及びます。

    毎年7月中旬と全国でも早い時期に開催されていては玉数は、約10,000発、20万人以上の人が訪れる人気の花火大会。厳かな伊勢の夜空を彩り鮮やかな10,000発の花火で照らし出される様に酔いしれること間違いなしです!

  • 伊勢神宮奉納全国花火大会の基本情報

  • ・名称: 伊勢神宮奉納全国花火大会
    ・開催場所: 三重県伊勢市宮川河畔
    ・開催日:7月16日(土)
    ・打ち上げ予定時間: 19:20~21:15
    ・アクセス: 電車 JR参宮線「山田上口駅」もしくは近鉄山田線「宮町駅」から徒歩約20分、車 伊勢道伊勢西ICから外宮方面へ車で15分
    ・駐車場: 有り(一部有料)
    ・電話番号: 0596-21-5566
    ・料金: 無料(特別席は有料)

  • 7.神奈川新聞花火大会【横浜】

  • 横浜の夜景といえば「みなとみらい」!神奈川新聞花火大会は、みなとみらいの海上で打ち上げられ大スターマインや水上花火、ミュージックスターマインなどといった大物の花火含め約15,000発が打ち上げられます。

    港の直ぐ側までホテルや高層ビルが立ち並び、赤レンガやコスモワールド等、夜景の美しさに花火がとっても映えるのでデートにおすすめな花火大会です。また、有料の席は場所取りをしなくて良い+花火に合わせて音楽を流してくれるのでカップルや普通の花火大会は飽きたという方におすすめです。

  • 神奈川新聞花火大会の基本情報

  • ・名称: 神奈川新聞花火大会
    ・開催場所: 横浜みなとみらい 前面の海上
    ・開催日:8月2日(火)
    ・打ち上げ予定時間: 19:00~20:00
    ・アクセス: 電車 横浜駅から徒歩20分、桜木町から徒歩15分、みなとみらい駅から徒歩10分
    ・駐車場: 無し
    ・電話番号: 045-227-0744
    ・料金: 無料(特別席は有料)

  • 8.古河花火大会【茨城】

  • 関東最大級となる約25,000発の花火が打ち上げられる古河花火大会は、迫力満点の豪華な花火が魅力です!見どころは関東では珍しい巨大な「三尺玉」花火。なんと花火の玉の重さは約300kg。この花火を約600mの高さまで打ち上げます。

    周りに高い建物がないので邪魔されることなく見えて、花火を上げている場所が近いので、大きく見えます。夜空一杯に広がる三尺玉の火の粉とその腹に響く音は、遠くからでも見に行く価値ありです。

  • 古河花火大会の基本情報

  • ・名称: 古河花火大会
    ・開催場所: 茨城県古河市西町 古河ゴルフリンクス
    ・開催日:8月6日(土)
    ・打ち上げ予定時間: 19:20~20:50
    ・アクセス: 電車 古河駅から徒歩20分、新古河駅から徒歩5分、車 東北自動車道館林ICから国道354号を古河方面へ車で14km
    ・駐車場: 1700台無料 駐車場有り
    ・電話番号: 0280-22-5111
    ・料金: 無料(特別席は有料)

  • 9.諏訪湖祭湖上花火大会【長野】

  • 日本で最も打ち上げる花火の数が多いのがこの「諏訪湖祭湖上花火大会」です。この花火大会は、なんといっても、湖上から打ち上げられる数が、日本で最大数の40,000万発ですから、そのド迫力が最大の魅力でしょう。湖を囲うように山がそびえているため、花火の破裂音が山に反響し、体の芯まで響くため、迫力満点!

    水上スターマインKISS OF FIREです。 はじめは初島を挟んだ両側から徐々に中心に向かって半円の花火が湖面上で開きます。 そのため音・風圧とも強烈で真上に上がる花火とは全く異なります。

  • 諏訪湖祭湖上花火大会の基本情報

  • ・名称: 諏訪湖祭湖上花火大会
    ・開催場所: 諏訪市湖畔前諏訪湖上
    ・開催日:8月15日(月)
    ・打ち上げ予定時間: 19:00~
    ・アクセス: 電車 上諏訪駅から徒歩8分、新古河駅から徒歩5分、車 中央自動車道諏訪ICから諏訪湖方面へ約15分
    ・駐車場: 有料 12ヶ所、約4,720台
    ・電話番号: 0266-52-4141
    ・料金: 無料(特別席は有料)

  • 10.足立の花火【東京】

  • 東京都内で開催される花火大会の中で最も早く開催される足立の花火では、1時間に約13,500発が打ち上げられ、スターマイン、ナイアガラ、音楽花火、4号玉などが漆黒の夜空に咲き、高密度に凝縮された迫力ある花火大会が楽しめます。

    また、荒川の河川敷を利用しているので、土手の斜面が観覧席になります。音楽花火があるので、ぜひとも正面会場に陣取りたいが、ゆったりみたいならば、ちょっとあるいて対岸がおすすめです。

  • 足立の花火の基本情報

  • ・名称: 足立の花火
    ・開催場所: 東京都足立区 荒川河川敷
    ・開催日:7月23日(土)
    ・打ち上げ予定時間: 19:30~20:30
    ・アクセス: 電車 北千住駅から徒歩15分
    ・駐車場: 無し
    ・電話番号: 03-3880-0039
    ・料金: 無料(特別席は有料)

  • 11.赤川花火大会【山形】

  • 花火に少し詳しい人でないとなかなか知らない大会ですが、地元の青年会が立ち上げたローカルな大会にも関わらず、他とは一線を画す大規模かつハイクオリティな大会として花火通の間では有名な花火大会です。赤川河川敷の両岸を会場として使用するのでかなり幅の広い打ち上げ花火がみられるのが特徴です。

    オープニング・エンディング共にかなりの迫力の物量でうちあげ、川幅の広い赤川を生かして、これでもか!というくらい2尺が上がります。大玉が上がるとまるで自分の上に花火があるような臨場感です。また、河川敷に無料の観覧席が用意されていてシートを広々敷ける場所があり、近くでもゆったり花火を楽しむことができるので遠出しても見る価値ありです!

  • 赤川花火大会の基本情報

  • ・名称: 赤川花火大会
    ・開催場所: 山形県鶴岡市 赤川河畔
    ・開催日:8月20日(土)
    ・打ち上げ予定時間: 19:15~21:00
    ・アクセス: 電車 JR鶴岡駅から徒歩30分、車 山形道鶴岡ICから15分
    ・駐車場: 有り(有料)
    ・電話番号: 0235-28-1873
    ・料金: 無料(特別席は有料)

  • 12.多摩川花火大会【世田谷&川崎】

  • 川崎市制記念 多摩川花火大会と世田谷区たまがわ花火大会の二つの花火大会が合同で開催されるという珍しい花火大会です。

    川崎市側の花火大会は約6,000発、世田谷区側は約5,000発の打上数なのでそれぞれの大会は中規模ながらも合計で10,000発以上の打上数となるので見応えは抜群です。

    都心からのアクセスも良く開催場所が2か所に分かれているため穴場も多く比較的ゆったりと花火を楽しむことができます。

  • 川崎市制記念 多摩川花火大会の基本情報

  • ・名称: 川崎市制記念 多摩川花火大会
    ・開催場所:神奈川県川崎市高津区諏訪 多摩川河川敷
    ・開催日:8月20日(土)
    ・打ち上げ予定時間: 19:00~20:00
    ・アクセス: 電車 東急田園都市線二子新地駅から徒歩15分
    ・駐車場: 無し
    ・電話番号: 044-200-2329
    ・料金: 無料(特別席は有料)

  • 世田谷区たまがわ花火大会の基本情報

  • ・名称: 世田谷区たまがわ花火大会
    ・開催場所:東京都世田谷区鎌田1-3-5 二子玉川緑地運動場
    ・開催日:8月20日(土)
    ・打ち上げ予定時間: 19:00~20:00
    ・アクセス: 電車 東急田園都市線二子玉川駅から成城学園前行きバスで約8分、吉沢停留所下車すぐ
    ・駐車場: 無し
    ・電話番号: 03-5432-3333
    ・料金: 無料(特別席は有料)

  • 13.なにわ淀川花火大会【大阪】

  • 大阪の夏の風物詩がこの淀川花火大会で来場者数50万を超える関西を代表する花火大会です。大規模ながら地元の商店街や企業がお金を出してスタッフは地元のボランティアの方で運営されているという大規模なのにアットホームな花火大会です。

    打上げ高度の異なる数種類の花火を打上げたりフラワーサークルや花火の追いかけ合いなど、豪華な物から絵文字を現した遊び心のある物まで観覧者を楽しませてくれます。

  • なにわ淀川花火大会の基本情報

  • ・名称: なにわ淀川花火大会
    ・開催場所:大阪府大阪市淀川区新北野
    ・開催日:8月6日(土)
    ・打ち上げ予定時間: 19:00~20:00
    ・アクセス: 電車 JR東海道本線塚本駅・阪急神戸線十三駅から徒歩15分
    ・駐車場: 無し
    ・電話番号: 06-6307-7765
    ・料金: 無料(特別席は有料)

  • 14.みなとこうべ海上花火大会【神戸】

  • 神戸の夜空を彩る夏の風物詩として、夜景とともに花火を観賞することができる雰囲気抜群の兵庫県最大の花火大会です。淡々と花火が上がるのではなくて、いくつかのパートに分かれて音楽に合わせて打ち上がるので、いろんな雰囲気の花火が楽しめます。

    人気の花火大会なので混雑はしていますが花火スポットが分散されるので人込みにもまれにくく、ゆったりと花火の夜を堪能できます。

  • みなとこうべ海上花火大会の基本情報

  • ・名称: みなとこうべ海上花火大会
    ・開催場所:兵庫県神戸市中央区神戸港
    ・開催日:8月6日(土)
    ・打ち上げ予定時間: 19:30~20:30
    ・アクセス: 電車 JR三ノ宮駅、阪急電鉄・阪神電鉄神戸三宮駅から徒歩20分
    ・駐車場: 無し
    ・電話番号: 078-333-3372
    ・料金: 無料(特別席は有料)

  • 15.あつぎ鮎まつり大花火大会【神奈川】

  • スターマインの連続で迫力のある花火として人気の厚木鮎まつり大花火大会は、打ち上げ数も1万発と見応えのあるボリュームです。
    中でも目玉の大ナイアガラの滝は幅約500mとこちらもド迫力。

    相模川の上に光が一直線に伸びていく様子はまるで龍が駆抜けるかのようで、その後現れる眩しいほどに光輝く滝が水面を彩る様子もとても美しいです。出店も多いのでお祭りを楽しみながら花火を楽しむことができます。

  • あつぎ鮎まつり大花火大会の基本情報

  • ・名称: あつぎ鮎まつり大花火大会
    ・開催場所:神奈川県厚木市相模川河川敷
    ・開催日:8月6日(土)
    ・打ち上げ予定時間: 19:00~20:30
    ・アクセス: 電車 小田急小田原線本厚木駅北口から徒歩15分
    ・駐車場: 無し
    ・電話番号: 046-295-5496
    ・料金: 無料(特別席未定)

  • 16.熱海海上花火大会【静岡】

  • 関東近郊で人気の高い熱海の海上花火大会は1年を通して花火が楽しめるという珍しい花火大会です。春夏秋冬と毎回きれいな花火が観れます。時間は30分程度と短めですが、迫力満点の花火を観賞することができます。

    熱海がすり鉢状の地形をしているため、反響する音も楽しめます。打ち上げ会場のまわりは混みますが、海岸にいればどこからでも花火大会が見えるので場所探しは苦労しません。

  • 熱海海上花火大会の基本情報

  • ・名称: 熱海海上花火大会
    ・開催場所:静岡県熱海市熱海湾内
    ・開催日:7月24日・29日・8月5日・8日・18日・21日・26日
    ・打ち上げ予定時間: 20:20~20:50
    ・アクセス: 電車 JR東海道新幹線熱海駅から徒歩20分
    ・駐車場: 無し
    ・電話番号: 0557-85-2222
    ・料金: 無料

  • 17.戸田橋花火大会&いたばし花火大会【埼玉、東京】

  • 多摩川の花火同様2つの花火大会が同時に開催されるのが戸田橋花火大会と、いたばし花火大会です。板橋区側で約5500発、戸田市側で約6000発の花火が打ち上げられ都内でも人気の花火大会。都内最大の5寸玉を打ち上げるので見応えも抜群です。

    立地もあってかなり混雑が予想されるので場所取りや穴場スポットを下見してからいきましょう。近くのショッピングモールでは、屋上を開放して見学スポットにしてくれているようです。

  • 戸田橋花火大会の基本情報

  • ・名称: 戸田橋花火大会
    ・開催場所:埼玉県戸田市戸田橋上流
    ・開催日:8月6日(土)
    ・打ち上げ予定時間: 19:00~20:30
    ・アクセス: 電車 JR戸田公園駅から徒歩20分
    ・駐車場: 無し
    ・電話番号: 048-431-0206
    ・料金: 無料(特別席は有料)

  • いたばし花火大会の基本情報

  • ・名称: いたばし花火大会
    ・開催場所:東京都板橋区 荒川河川敷
    ・開催日:8月6日(土)
    ・打ち上げ予定時間: 19:00~20:30
    ・アクセス: 電車 JR浮間舟渡駅から徒歩20分、都営三田線高島平駅または西台駅または蓮根駅から徒歩20分
    ・駐車場: 無し
    ・電話番号: 03-3579-2255
    ・料金: 無料(特別席は有料)

  • 18.今治おんまく花火【愛媛】

  • 今治市民の「おんまく」という祭りと共に開催されるのがこの花火大会。本祭りと後祭りの2日間に渡り開催される大規模なお祭りなので昼は祭り、夜は花火という楽しみ方ができます。

    中四国最大級の規模の花火大会で、スターマインや仕掛け花火、型物花火など約1万発が打ち上げられます。なかでも最後を彩る15号玉「二度咲蝶々千輪」や尺玉100連発は見どころがあります。

  • 今治おんまく花火の基本情報

  • ・名称: おんまく花火
    ・開催場所:愛媛県今治市 今治港防波堤
    ・開催日:8月7日(日)
    ・打ち上げ予定時間: 20:00~21:00
    ・アクセス: 電車 JR今治駅から徒歩15分
           車 西瀬戸道今治ICから車で10分
    ・駐車場: 1000台無料駐車場有
    ・電話番号: 0898-23-3939
    ・料金: 無料(特別席は有料)

  • 19.神宮外苑花火大会【東京】

  • 毎年約100万人の来場者が集まる東京三大花火のひとつ。神宮球場、秩父宮ラグビー場、神宮軟式球場、東京体育館の4会場が用意されていて、会場毎にアーティストや芸能人がゲストとして登場するので12,000発の花火とゲストのライブやトークが楽しめるのが魅力です。
    軟式球場で行われるライブには、TRF、Da-iCE、SOLIDEMOの出演が発表されています。

    付近に多くの建物があるため大きい花火はあまりありませんが、趣向を凝らした変わり種の花火を間近で楽しむことができます。ただし会場に入るためにはチケットが必要なので販売状況を確認していきましょう。

  • 神宮外苑花火大会の基本情報

  • ・名称: 2016神宮外苑花火大会
    ・開催場所:東京都新宿区霞ヶ丘 明治神宮外苑
    ・開催日:8月20日(土)
    ・打ち上げ予定時間: 19:30~20:30
    ・アクセス: 電車 地下鉄外苑前駅(神宮球場)
           地下鉄外苑前駅・地下鉄青山一丁目駅
           JR中央線信濃町駅(神宮軟式球場)
           JR中央線千駄ヶ谷駅(東京体育館)
    ・駐車場: 無し
    ・電話番号: 03-3547-0900
    ・料金: 神宮球場(全席指定)アリーナ席・スタンド席4000円~7000円
    秩父宮ラグビー場(指定席)スタンド席2500円
    神宮軟式球場(自由席)前売り2500円・当日券3500円
    東京体育館敷地内(指定席)4000円

  • 20.横浜スパークリングトワイライト2016【横浜】

  • 「海」と「港」に親しむ場を作りたいというコンセプトの基、横浜の老舗レストランによりレストランやバーが出店され、昼はパレード&ライブ、夜は花火はもちろんの事、イルミネーションに包まれた船が山下公園前海上を埋め尽くしたりとみなとみらい地区を上げたイベントとなっています。

    花火の打ち上げ数は3,000発と少ないながらも、船から眺めるクルージングプランやレストランで食事をしながら花火を楽しむプランなど大人が楽しめるような内容になっています。空に上がる花火と水面に移る花火が美しさも倍増ですよ♪

  • 横浜スパークリングトワイライト2016の基本情報

  • ・名称: 横浜スパークリングトワイライト2016
    ・開催場所:神奈川県横浜市中区 山下公園前海上
    ・開催日:7月16日(土)〜7月17日(日)
    ・打ち上げ予定時間: 19:30~20:00
    ・アクセス: 電車 みなとみらい線 元町・中華街駅から徒歩3分
             JR石川駅から徒歩15分
             JR関内駅から徒歩20分
    ・駐車場: 無し
    ・電話番号: 045-681-2353
    ・料金: 無料

  • まとめ

  • 花火大会のランキングはいかかでしたか?7月の中旬に始まる花火や10月に打ちあがる花火大会など一言で花火大会と言ってもたくさんありますよね。日本三大花火の新潟の長岡・秋田の大曲・茨城の土浦、三大競技花火大会の三重の伊勢、秋田の大曲、茨城の土浦等呼び名や名所も様々です。カップルでデートはもちろん、家族や友達と今年は花火大会にでかけてみてはいかがでしょうか。

おすすめ動画

続きを読み込む
Pageup